厚生労働省「生活困窮者及びひきこもり支援に関する民間団体活動助成事業」に採択されました

2021.11.05お知らせ

ワーカーズコープが、厚生労働省の「生活困窮者及びひきこもり支援に関する民間団体助成事業」に採択されました。

事業の目的

コロナ禍により広がる問題(非正規雇用や高齢化、ひきこもり、障がい者、ひとり親家庭、外国籍の家庭等)により、孤立・孤独が深刻化する人や地域に対して、地域の中でつながりや交流の場をつくり、豊かな関係の生まれる居場所づくりや就労の場の創出を目的にしています。

事業の概要

それぞれの地域の社会資源を生かしながら、社会的困難にある人の支援のための居場所づくりや地域づくり、また地域で共に働くことができるような取り組みを地域住民の相互の力で「みんなのおうち」の取り組みとして進めていきます。

  • 支え合いの居場所「アルプス」(長野)
  • 協同労働ぷらっとフォーム(東京)
  • 地域支えあい、まちづくり事業(埼玉)
  • 生活困窮者世帯及びひきこもり児童、世帯への子ども食堂、学習支援、相談・交流支援事業(千葉)
取り組み例
  • 子ども食堂、フードパントリー 
  • まちのよろず相談
  • まちづくり講座、フォーラムの開催
  • 生活支援事業

<<前の記事へ 一覧へ